旭菊さんへ行って来ました。

2013.03.13 Wednesday 16:44
0
     
    3月12日(火) クリアーながらしっかりと米感のあるお酒を造る
    福岡の旭菊酒造さんへその秘密を探るべく日帰りで行って参りました。

    朝6時30分に新幹線に乗って、最寄り駅の西鉄大塚駅に11時前に
    到着です。


          
      3年前に蔵が全焼してから
      新たに建替えられました。

        私なら多額の借金で悲壮感ただよい
      がつがつするのに穏やかでにこやか
      な表情で接する社長の姿勢には驚く
      ばかりです。

      3月17日(日)は蔵開きでかなり
      にぎわうようです。






        




        
          蔵の中は大変コンパクトです。

          半仕舞で600石の仕込み。

          試飲もさせていただきましたが

          「生酒は試飲してもわからんでしょ

          ただ新酒のときに味の無いお酒

          のほうが良くなるように思います。  

          私は火入してお燗でおいしお酒が

          いいですねぇ。福岡もどんどんと

          香り系のお酒を造る蔵元さんが増え

          お友達が減り淋しいです。」と淡々と語る社長。

          たっぷり時間があったので社長、専務といろいろお話をさせていただきました。

          やはり旭菊さんの考えと当店の考えは一致しておりました。

          その考えとはしっかり火入をして熟成させ、インパクトは少ないが飲み疲れしない

          穏やかな味わいのお酒を楽しんで頂く事です。

                

          帰りには専務と薬院にある「なかむた」さんという社長、専務のお話の中に何度も

          登場されたお店にいっしょに行って来ました。最終で大阪へ帰らねばいけなかった

          のでゆっくりは出来ませんでしたが大変お料理もおいしく、丁寧にお燗もされすば

          らしいお店でした。今度は時間を気にせずゆっくり寄せて頂きますのでよろしくお願い

          します。

          最近大阪からギャハハ笑いのOさんが良く来られるそうです。フットワーク軽すぎ!



    category:- | by:ナッキーcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM